キャットフードの選び方

猫にとって良いキャットフードというのはどのようなものでしょうか。基本的に、人間と同じです。良質な素材を用いて必要以上の添加物を含まない食事が理想的です。最近では添加物不使用や、オーガニック素材を用いたものも増えています。ただ、このようなものは必然的に価格が高くなりますから、購入が続けられる価格帯のもので納得できる製品を見つけることが重要です。

添加物が悪いというイメージが強くついていますが、添加物も全てが悪いものではありません。添加物として表記されているものの中には安全が確認できているものもありますし、天然成分を用いているものもあります。そして、添加物がなくなれば腐りやすくなり、品質を保持することが難しくなりますから管理がしやすいものを選ぶことも重要となります。そこで、添加物が入っているものを全て悪いとせず、添加物の種類とその量を確認することが重要です。賞味期限があまりにも長すぎたり、他の製品よりも添加物の量が多すぎるものは避けたほうが良いと言えます。

オーガニックと書かれていても、すべての食材がオーガニック食材ではないこともありますし、食材はオーガニック食材でも製造の際に添加物をたくさん投入していれば意味がありません。そのような細かなところまで確認した上で、自分のイメージしているオーガニックフードであるかを確認することが重要です。

キャットフード選びの重要性

一般的な元気な猫であれば、総合栄養食と言われる猫にとって必要な栄養素が猫にとって必要な量が含まれるように作られているものを食べることで元気に過ごすことができます。しかし、猫によってはそのような一般的なキャットフードを食べてもお腹を壊しやすかったり食が進まなかったり痩せやすかったりすることがあります。そのような場合には、好みに合わなかったり、アレルギーや持病があったりすることがあります。

猫は2匹に1匹が泌尿器系の病気になると言われています。膀胱炎や結石といったものは病院で治療をすれば治すことができますが、慢性的な腎不全は完治が難しく、キャットフードで食事療法を行う必要があります。療法食というのは、リンやカリウムの成分を抑えつつも猫にとって必要な栄養素がしっかりと配合されているものとなっています。アレルギー対策のものであればアレルゲンを取り除きその分を他の食品で栄養を補うように作られています。これらのものを食べるようにするだけで、体調や体、肌や毛並みの調子を整えることができます。

このように、猫にあったものを選ぶことは健康を守るためにとても重要なことなのです。そこで、猫の食事の様子を見て適したものを与えるようにするよう、日々の様子をしっかり見ておくことも重要なのです。

キャットフードと猫の健康

猫が健康であるためには食事が大事な要素です。人間も食生活が乱れると心と体の調子を崩すのと同じく、猫も栄養バランスが整った食事が続かなければ、イライラしてしまったり体調が崩れたりすることになります。特に、猫の場合には人間よりも体が小さいので少しの体調の変化でも大きな病気を引き起こすこともありますし、場合によっては命を落とすことも考えられます。愛猫の健康を守るためには、毎日の食事は必ず気をつけたいものですしそれが責任であると言えます。

猫の健康を守るために食事が大事ということは、キャットフード選びが重要ということになります。しかし、キャットフード選びもたくさんの中から愛猫にあったものを選ぶのはとても大変なものです。キャットフードにはそれぞれの特徴がありますし、価格も幅広くあります。もちろん、高ければ高いほど食材にもこだわっていますし安全性も高いと考えられます。

しかし、あまりにも高級なものは買い続けることが難しく、途中で購入するのをやめてしまえば意味がありません。そこで、価格や品質、成分、愛猫の好み、と全てが理想的なものを選ぶことが重要です。そこで、ここでは理想的なキャットフードを選ぶために猫にとって大事な成分やキャットフード選びで気をつけるべきことを紹介していきます。愛猫が元気で長生きできるように、たくさんのキャットフードの中から愛猫にとってベストなものを選ぶために知識を身につけておきましょう。