一般的な元気な猫であれば、総合栄養食と言われる猫にとって必要な栄養素が猫にとって必要な量が含まれるように作られているものを食べることで元気に過ごすことができます。しかし、猫によってはそのような一般的なキャットフードを食べてもお腹を壊しやすかったり食が進まなかったり痩せやすかったりすることがあります。そのような場合には、好みに合わなかったり、アレルギーや持病があったりすることがあります。

猫は2匹に1匹が泌尿器系の病気になると言われています。膀胱炎や結石といったものは病院で治療をすれば治すことができますが、慢性的な腎不全は完治が難しく、キャットフードで食事療法を行う必要があります。療法食というのは、リンやカリウムの成分を抑えつつも猫にとって必要な栄養素がしっかりと配合されているものとなっています。アレルギー対策のものであればアレルゲンを取り除きその分を他の食品で栄養を補うように作られています。これらのものを食べるようにするだけで、体調や体、肌や毛並みの調子を整えることができます。

このように、猫にあったものを選ぶことは健康を守るためにとても重要なことなのです。そこで、猫の食事の様子を見て適したものを与えるようにするよう、日々の様子をしっかり見ておくことも重要なのです。